VOL.17 リアピラーバーの自作

今回はリアピラーバーをアルミパイプを用いてDIY。
本当は中空ではない、まるまるアルミの棒から削り出すと、かなりの強度の物が完成すると思うが、残念ながら材料が見つからなかったので、中空の2m・25パイのアルミパイプを使用する。
まぁ、中空でもそれなりの強度の物を作成する方法を聞いてきたので、参考にして頂ければと思う。

まず、既に用意してあるステーに対して実寸サイズに切り出す。

作業台でカットを待つアルミパイプ

長さが決まったら、グラインダでさっさと切断。

ミゾをエンピツで

そして、両端はキレイにつぶして一体型のステーとなる。
左右間違いなく、同じ方向・同じ長さでキレイにつぶすため、ミゾを作成してからつぶす。ミゾを掘る場所を鉛筆でケガキする。
ケガキは両端・両側に行う。

エンピツで書いたミゾを掘る

グラインダーでミゾを掘る。
掘りすぎてはいけない。貫通しては意味がない。

ミゾを利用して綺麗につぶす

ケガキさえ掘られていれば、簡単につぶしてあげることが出来る。
なお、パイプ本体側をつぶしすぎては行けない。上写真のように滑らかになるように処理しよう。

車体側の取り付けステー

管理人のスイスポは、既にシートベルト位置に、ハンモック用のステーが用意されていたので、
新たにピラーバー用のステーを追加である。

位置あわせして穴空け

ピラーバは、先端をキレイに丸く加工。
車体に合わせて穴位置にボルト穴を作成する。

ボルト止めです。

では実際にボルト止め。
かなり太めのボルトで固定すること。

取り付け状態全景

ピラーバーとハンモックの取り付けが完了した状態。
ピラーバーを握って車体を揺らしてみよう。
取り付け部がびくともせず、車体をグイグイ揺らせられれば、OKである。

この手法をうまく用いれば、ダイアゴナルバーも作成可能ではないかと思う。
しかし、現状荷物を載せることが多い管理人のスイスポでは、ここまでとしておく(^^;