VOL.6 実用製重視仕様ヘルメットハンモックDIY

ラリー車にとどまらず、競技車両によく装備されているヘルメットハンモック、荷室に装備しておきたかったんです。
小物をのっけておくのに便利ですし。
実は買うと9000円前後なんですよ!
小物載せておくだけなのに、そんなお金はだせないのでDIYですよ!(爆

あ、はじめにいっときますが、このハンモックをつけていると2名乗車仕様になります(^^;
まぁ、簡単に取り外しできるので、リアシートを使いたい場合は前方はハズしてしまえばいいんです。

ホームセンターで3cm編み目のネット(切り口がほつれない強度を持っています)を発見。
うろついて部品購入。早速作ってみました。
まずは車両に敷いてみてサイズ決定。当然取り付け位置もこのときに決めておかないとダメですよ。
なお、スイスポの取り付け位置は後ほど・・・

ホームセンターの網を加工開始

アミの縁を赤いガムテープでとることとした。
ガムテープを折り曲げて縁を取る。
裏返してアミを押しつけていく。ガムテープを折り曲げるという作業上、上写真の様にガムテープを半分まで使ってはイケナイ。
折り曲げたときに、なるべく粘着部が出ないようにすること。べたつきます。

それらしく見えるでしょ?

こんな風に処理していきます。
コレを四方行います。ちなみに、実際のヘルメットハンモックは、もっと強度があります。
中央も一応ガムテープで処理しておきました。レプリカ気分ですね。

なかなかの完成度w

がんばればココまでできます。
ぶら下げるヒモも忘れずつけましょう。

早速防寒着を乗せてみました。

いざ装備!
既に冬装備のためスコップや防寒着等のっかってますが・・・・w

リアの引っかけ

後ろの取り付けは、シートベルトに共締め。
ピラーバーが付く場所ですね。
ピラーバーが付いているなら、ピラーバーに引っかけるのがベストでしょう。

フロントのひっかけ

前側は、フロントのシートベルトの高さ調節ノブに巻き付け。もちろん簡単に取り外しできます。
簡単に取り外しできるからと言って、強度がないということではないです(笑

実は取り付けてから、いきなり大雪が降りまして、早速役立っています。
防寒着や軍手・毛糸の帽子をほおりこんであったり。

ハンモック下には、水受け及び冬の脱出道具入れとして、トレーが置いてあります。

この自作ハンモック、しめて材料費3000円程度也。
競技車両を知らないヒトは、なにこれ?ってカンジでしょうね。