VOL.1 早速APラリーコンペハーネス組み込み

ウワサには聞いていたけど、なんと恐ろしいぐらいライトが暗いんだろう・・・
生まれて初めて買ったAB5プレリュードのシールドビーム並じゃなかろうか?(ぉぃぉぃ
HIDこそ投入すれば本当に明るそうなヘッドライトだが、そんな金はない!
CM5Aより取り外したAPラリーコンペハーネスをスイスポに組み込むことにした。
80/85wになるため、レンズカットのないスイスポのヘッドランプは強烈に明るくなる可能性がある。

 コンペハーネスはダイナモから電気を取る

さて、今回のターゲットはダイナモだ!
コンペハーネスの取り付けは、かならずバッテリーのマイナス端子は外しておかなければならない。
がB(+)端子、がボディアース点だ。

スイスポのダイナモ

コンペハーネスの取り付けは、B端子への取り付け、ライトバルブ交換、ボディアースの取り付け、
バッテリー接続、エンジン始動、点灯テスト という行程になる。
ちなみに、下写真ではすでにボディアースまで接続終了。
ボディアースといっても、ダイナモのボディーアースのことであって、どこでもいいということではない。
ダイナモ本体からトルのがベストなんだが、ボルトで接続となるため、この部分が最短距離となる。

スイスポのダイナモ接続完了

 どうせならアーシングもやっちゃいましょう

せっかくバッテリー端子を外しておいて、アーシングの端子を付けておかない手はない。
この時点で端子増設。実は1ケ所アーシングしておきたかった部分もあった。

アーシング追加準備

 ケーブルをまとめるのが大変なんです・・・

運転席側のハーネスまとめ中。
L字のステーを増やし、そのステーにハーネスをタイラップで止めていく。

ハーネスまとめステー 運転席側

L字ステーは下写真の要領で増設する。

ハーネスまとめステー 運転席側 拡大

助手席側。
実はこのスイスポってヤスは結構純正でアーシングがはいっている。
部分は、今まで乗っていた車では自分で取らなきゃならない部位だ。

ハーネスまとめステー 助手席側

助手席のL字ステー。
こちら側は単にボルト穴が開いていたので利用させて貰った。
運転席側は飛び出していたボルトに、ナットで止めさせて貰った。

ハーネスまとめステー 助手席側 拡大

 ミッションケースにアーシングを施す

そして、今回アーシングしておきたかった部分。ミッションケース。

ミッションケースのアーシング

アーシングについては、エキマニまでアーシングされていたので、あとはエアクリ交換時に
サージタンクとバルクヘッドがどのようにアーシングされているか確認し、接続するか決める。
また、マフラーのアーシングも考慮中。

さて、夜になりました。
駐車場で点灯しただけで、今までとは全く違う明るさであることがわかる。家の壁がマブイ(ぉ
実走行にいってきたけど、いやぁ、CM5Aのときより全然あかるいや。
こりゃぁ別にHIDいらないっと(^^;
安心してランプポッドの開発を開始できるなぁ。

今回はこれまでw